<< 鬼怒川決壊の原因はこれか? | main | ソーラーパネルの設置に許可は不要? >>

鬼怒川決壊の原因、その2

上流でも決壊していたようで、その場所は、、、


茨城県常総市若宮付近

こちらは、「私有地だ」との主張のもとに故意に堤防を削って、騒動になっていたそうです。

従って訴訟相手は明確!

後は、流入した水の割合を決めるのみ!?

火災の場合は、延焼した分の損害賠償はしなくても良いことに法律上なっているが、水害の場合はそんな法律は無い!

結論:

蛇行する川の様に、のらりくらりと逃げ回るのだろう。

関連:

| りする?猫文 | 12:28 | - | trackbacks(1)
http://www.alpharing.com/trackback/950592
スパム対策のためそちらの記事内に、このページへのリンク(http://www.alpharing.com/?eid=950592)が必要です。
単純リンクはご自由に。
トラックバック
ソーラーパネルの設置に許可は不要?
「ソーラーパネルの設置には、設置許可の申請は不要だから・・・」と言って、「設置業者にも行政にも(重大な)責任は無い」などと言っているバカ丸出しの弁護士がいる。 なぜなら、、、
| α-Ring | 2015/09/14 9:21 AM |
LATEST ENTRIES
RELATED ENTRIES
CATEGORIES
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
OTHERS
MOBILE
qrcode
SITE BANNER
AlphaRing.com

※ 入用の方はお使いください

アフィリエイトならリンクシェア